BeTEAM

DIET COLUMNダイエットコラム

ダイエットで便秘になりがちなのはなぜ?その原因や正しいダイエット法を確認

カラダのこと

  • facebook
  • twitter
  • line

こんにちは。オンラインダイエットをチームで成功させる「BeTEAM」のMakoです。

「ダイエットをすると便秘気味になる」と感じている方はいませんか?
ダイエット中に起こる便秘は、間違ったダイエット方法が原因かもしれません。

便秘になると、お肌や体調に悪い影響があるだけでなく、ダイエットの効果を十分に得られない可能性も!
せっかくダイエットするのなら、体の中から健康に美しくなりたいですよね。

今回は、ダイエットで便秘になってしまう原因や便秘につながる間違ったダイエット・便秘にならないダイエット方法についてご紹介します。

※情報は2021年10月時点のものです。

ダイエットで便秘になりやすい原因とは?よくないダイエット法もチェック

便秘とは、排便がない状態が何日も続いている、排出すべき十分な量の便をすっきり排出できていないなど、快適に排便ができない状態のこと。

また、「毎日お通じがあるから便秘じゃない」とは限らないんです。
毎日排便があっても、残便感があってお腹がすっきりしない、コロコロとした小さな便が出るだけ、排便がつらいといった状態も便秘の症状に含まれます。

便秘に繋がるNGなダイエット方法とは?

ダイエットをすると便秘になってしまう原因は、以下の3つがあります。

  • 食べる量が減って便の量が減るから
  • 食物繊維や水分、脂質の摂取量が減るから
  • ストレスが溜まっているから

痩せるためには、食べる内容や量を調節することが大切ですが、間違えてしまうと便秘を招く可能性やストレスになることもあります。
そうならないためにも、便秘に繋がるNGダイエット方法を紹介します。

極端な食事制限をするダイエット

極端な食事制限をすると、食べる量が減ることで便の量が減ります。
また、体に必要な栄養や食物繊維や水分などが足りなくなることで、便が硬くなってしまいます。

食事制限でストレスが溜まれば、それが便秘の原因になってしまうこともあります。

脂肪分を極端に減らすダイエット

ダイエット中に脂質を極端に減らすのも、便秘を引き起こす原因に。
脂肪分を減らすことで、油分の摂取量も少なくなり便が固くなったり、腸内のすべりが悪くなったり、便が排出しにくくなる原因になるため気をつけましょう。

生野菜ダイエット

「ダイエットといえば野菜!」と、生野菜ばかり食べる方もいらっしゃいますが、生野菜だけでは意外と食物繊維は摂れないんです。

サラダに使われている、キュウリやレタス、トマトには便秘解消に必要な食物繊維があまり含まれていません。

健康的に痩せるためには、生野菜だけ食べるのではなく、いろいろな食材から体に必要な栄養を補給することが重要です。

便秘の状態が続くと、腸環境が悪化して基礎代謝が落ちて脂肪燃焼がしにくく、痩せにくい状態になってしまいます。

また、肌荒れが起こったり体調を崩しやすくなるなど、ダイエット以外にも悪影響が出てしまう可能性があります。
便秘にならないように、正しいダイエットに取り組むことが大切です。

便秘にならないための正しいダイエット方法を知ろう!

ダイエットで便秘にならないためには、バランスの良い食事と生活リズムが大切です。
以下の4つのポイントを押さえて、健康的に美しくなりましょう。

①バランスの良い食事を心がける

美は健康から!
バランスの良い食事が大切です。
ダイエットと便秘対策を考えるなら、食物繊維を積極的に摂りましょう。

食物繊維は腸内の善玉菌を増やして便秘の解消にも役立つといわれています。
海藻類やコンニャクなどに多く含まれる水溶性食物繊維と、イモ類や野菜など繊維の多い食品に多く含まれる不溶性食物繊維をバランス良く摂るのがおすすめです。

②朝食をしっかり食べる

体がしっかり目覚めて腸の動きも活発にするためにも、朝食は抜かないようにしましょう。
朝食を毎日決まった時間に食べると生活リズムが安定して、排便のリズムも整いやすくなります。

体内時計のスイッチを入れるには「穀類+たんぱく質」の組み合わせがおすすめ。
「ごはん+お味噌汁」などはぴったりですね。

③意識的に水分を摂る

水分不足は便秘のもと!
朝起きたらコップ1杯の水を飲むことを習慣化しましょう。
寝てる間に不足した水分を補給するだけでなく、腸を刺激して便意を促す働きをしてくれます。

ただし、ダイエット中は冷たい水を飲みすぎるのは注意が必要です。
腸の動きが鈍くなって便秘につながったり、体が冷え代謝機能が低下したりすることも。
常温の水や白湯など選ぶようにしましょう。

食事の際の水分補給には、野菜たっぷりの温かいスープがおすすめです。
食物繊維を取れるだけでなく、よく噛んで食べることで食べ過ぎ防止にもなります。

④適度な運動をする

ダイエットには運動も大切です。
体を動かすと血行が良くなり、胃腸の働きも活発になります。
腰回りにある腸腰筋(ちょうようきん)を動かすと、大腸が刺激されて便秘に効果的といわれています。

腹筋は、お腹を引き締めるだけでなく、便を押し出すために必要な筋肉です。
筋肉は使わないと衰えていくため、腹筋に力を入れて歩くなど日常の中でも鍛えることを意識しましょう。

ウォーキングや水泳、ヨガなど、脂肪燃焼効果のある有酸素運動も積極的に取り入れることで、ダイエットの効果を実感しやすくなりますよ。

ダイエットは便秘に注意。食生活・水分・適度な運動がポイント!

健康と美容のためにダイエットをしても、便秘になってしまっては困りますよね。
極端な食事制限で食べる量が減ったり、食物繊維や水分が不足すると便秘になりやすいです。

便秘の状態が続くと腸内環境が悪化して、肌荒れが起こやすくなったり、代謝が低下して痩せにくい状態になってしまったりと、せっかくのダイエットの効果も半減してしまいます。

食物繊維を中心にバランスの良い食事と水分補給、適度な運動を心がけてみてください。
正しいダイエットで健康的に美しくなりましょう!

BeTEAMが提供するオンラインダイエットはチームでダイエットに取り組むので楽しみも倍増!
まずは24時間いつでもオンライン予約が可能な無料カウンセリングからお試しください♪

※情報は2021年10月時点のものです。

  • facebook
  • twitter
  • line

この記事を書いた人

Mako コーチ

2018年4月 サーフフィット にインストラクターとして入社。その後銀座店店長就任し、2020年11月から BeTEAMのチームコーチング事業部トレーナー就任。現在はダイエットトレーナーとして活躍中。

お客様がダイエットを通してより自分の体を好きになり自信をもって頂く為のサポートを致します。体だけではなくココロも変わる人生最高のダイエットを!

ページTOPへ
あなたの3年後の体重診断